2021年3月
名古屋・栄に食の未来をテーマにした複合施設
「BAUM HAUS(バウムハウス)」がオープン

「BAUM HAUS(バウムハウス)」は、1919年に開校し今日のアートとデザインに大きな影響を与えた ドイツの学校「Bauhausバウハウス」より名付けられました。この学校のように実験精神を持って
食の未来を創造し、テクノロジーで新しい価値に挑戦する、そんなオープンイノベーションの場を
目指しています。

1Fフロア「BAUM HAUS EAT」では焼きたてのバウムクーヘンや、
素材や調理法にこだわったデリ、ベーカリー、こだわりのコーヒーなどを提供する
フードホールを展開します。

2Fフロア「BAUM HAUS WORK」には会員制のシェアオフィス、ラウンジの他アバターロボットを
インフラとして常設したスペースで新しいビジネス、新しいイベントを体験して頂けます。

「BAUM HAUS」では今までにない「食」の未来を提案します。

1F
BAUM HAUS EAT
地域に開かれた食堂として、スイーツ、デリ、ベーカリーが楽しめるフードホール。

BAUM HAUS EATのイメージ

カフェではユーハイムが独自開発したオーブンでマイスターの技術を再現。焼きたてのバウムクーヘンと
こだわりのコーヒーを体験することができます。

デリでは素材や調理法、調達方法までこだわり、毎日食べられる身体に優しいメニューをご用意、ベーカリーも併設しています。

2F
BAUM HAUS WORK
アバターロボットを常設した空間、食の未来を創造するシェアオフィス

BAUM HAUS WORKのイメージ

2Fフロアではアバターロボットをインフラとしたスペースを展開。
「移動」する概念をくつがえした会議やイベントを体験、新しいビジネスチャンスが広がります。

オフィスにはフード関連企業を中心に入居予定、フードテック関連のイベントも開催予定、協力企業の拠点も
利用可能となります。

1F BAUM HAUS EATとの連携により試作、テスト販売なども実現可能。スタートアップ、ベンチャー企業の
グロースステージとしてご利用いただけます。